FC2ブログ

Latest Entries

ささめゆき

髪がのびました。
いつまで切らずに我慢できるかしら。

今読み終わる寸前の本:『細雪』
35歳にして嫁ぎ先の決まらない雪子がひとごととは思えず。
しかしこの頃の35歳は今とはだいぶ違うと思いを馳せつつ。

おととととっーーー
前回の記事から4ヶ月も経ってるではないかーーーー

『我輩は猫である』 
 →時間がかかったけれど、何とか読み終える。猫はここまで人間に興味をもっていないだろうと思う。

『ハドリアヌス帝の回想』 
 →一度返却。改めてまた読む予定。

『重曹大辞典』
 →アリは重曹を食べると体内の蟻酸(ぎさん)という酸と反応して体が爆発する。と書いてあった、、、

『コケの謎―ゲッチョ先生、コケを食う』
『苔とあるく』
『コケの世界 箱根美術館のコケ庭』
→コケを見る目が少し変わる。

『身近な両生類・はちゅう類観察ガイド』
『里山いきもの図鑑』
→やっぱり、あいつはカナヘビで、あいつはイモリだった。

『いろいろたまご図鑑』
→やっぱり、あれはカナヘビの卵だった。

最近「座る技」を研究。
電車通勤に1時間半くらいかけているので、必要に迫られてる。
先ずは、あと2,3駅先の乗り換え駅で降りそうな人を雰囲気から察知して。
空いた席に「するりん」とおさまらなきゃ。
同じことを考えているライバルに勝たなきゃ。
競争は苦手。
毎朝ドキドキ。
座れたらスヤスヤ~。zzZZZ

『侍』遠藤周作 
→図書館分室で電車の中で読む文庫を探していて、たまたま目に入った。遠藤周作は始めて読んだ。
 こういう小説もあるのか~という感じ。好きなお話ではないけれど、情景や筋がばっちり頭に染み付いて、映画を観た気分。

『陰影礼賛』谷崎潤一郎
→車内用文庫の2冊目。毎日カバンに入ってる。



よみかけ

よみかけの本

1 我輩は猫である
2 ハドリアヌス帝の回想
3 重曹大辞典
4 コケの謎―ゲッチョ先生、コケを食う

わぁー4冊もあるよっ。


借りてる本

1 苔とあるく
2 コケの世界 箱根美術館のコケ庭 
3 身近な両生類・はちゅう類観察ガイド
4 いろいろたまご図鑑
5 里山いきもの図鑑

玄関の前のコケの上に
カナヘビの卵があるんだ。ぜったい内緒だよ。

なながつむいか つゆあけ

明日は七夕、銀河のお祭り。
小学生の時映画館で観た、ますむらひろしの「銀河鉄道の夜」
銀河のお祭りの夜、街をかけぬけるジョバンニと、細野晴臣の音楽がぼんやり思い出される。

そのアニメの音楽が細野晴臣だったとか
脚本が別役実だったとかは
最近知ったことで

7歳だか8歳だかの夏休みに見た
青い猫のジョバンニは幻想的だった。

プリオシン海岸、鳥採りのつかまえたサギ


近くの図書館に笹の枝と短冊があったので
願い事を書いた。

こわいはなし

こわいものを見つけてしまった。

これも、氷山の一角なのかもしれない。

Appendix

プロフィール

minamit

Author:minamit
art
photo
painting
writing

tokyo
minamit6@gmail.com
なかのZEROで絵を描く会 運営メンバー

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Please click here to begin the slide. ↓↓↓↓↓

はいけい、にんげんの皆さま。